前へ
次へ

使用済みの切手を切手買取に出すコツ

切手は消印を押されて使用済みになるとまったく価値がないものだと考えがちですが、実際にはレアなものになると売れるため保管すると便利です。切手買取をする時は少しでも査定金額が高くなるようにしたいもので、消印があればそのまま封筒などからはがしてきれいにする必要があります。切手は薄いため慎重に扱わないと湿気が付いて色落ちや破れやすくなり、ピンセットを使って乾かしてファイルで保管することが大事です。切手買取は使用済みのものになると専門店でしか扱っていないため、事前に確かめて査定してもらい高くなるように決めると効果があります。使用済みのものはそのまま封筒に貼っていると買い取ってもらえないため、のりの汚れが残らないよう慎重にはがして保管することが重要です。切手は人気でレアなものになるとどのような状態でもほしいコレクターがいるため、封筒に珍しいものがあれば保管しておくと役に立ちます。使用済みの切手を切手買取に出すコツはきれいになるようにはがし、査定金額が少しでも上がるように工夫する方法が望ましいです。

Page Top