前へ
次へ

切手の買取価格は額面以下になってしまうのか

切手には、必ず数字が印字されています。50や80などの数字がプリントされていますが、それは切手の額面です。80とプリントされた切手なら、80円になります。ですから郵便料金が80円の時は、その数字の切手を貼り付ける訳ですが、買取価格はその数字以下になる事が多いです。ですから例えば、80円切手の買取価格ですと、50円や60円といった具合です。高くても、72円程度になる傾向があります。ですから切手の額面を見てみれば、買取額の上限値もある程度見えてきます。ところが、たまに例外があります。切手は非常に多彩で、中にはプレミア価値が非常に高い物もあります。古い時代に作られた切手などは、市場に殆ど出回っていませんから、必然的にプレミア価値も高くなる訳です。そして買取店は、コレクターの方々に決定を売却している事も多いです。コレクターは、希少価値が高い切手を高額で買っている事もあるので、額面以上になる場合があります。一見すると買取価格は安いように見える切手でも、試しに買取業者に提示してみると良いでしょう。

Page Top